「うつ病の薬物療法」の記事一覧

うつ状態にはバラの香りが効果がある

バラの香りはうつ状態に効果がある

サイト運営者のけんぞうです。 長年にわたり大手製薬会社で新薬開発に従事してきました。 今日も、うつ病に関する科・・・

慶応大学はうつ病の病態解明の研究への参加者を募集中

慶応大学がうつ病の研究に参加する患者を募集中

うつ病では経験が豊富な医師でも常に正確な診断をするのは非常に困難だといわれています。 それは、 肺炎はレントゲ・・・

抗うつ薬の服用は認知症のリスクを高める?

イギリスの研究グループは、 ある種の抗うつ薬を長期的に服用すると認知症になる可能性がある との研究論文を発表し・・・

抗うつ薬は8割の患者では効果がない

8割のうつ病患者で抗うつ薬の効果がない

先日は「8割の患者は抗うつ薬が効かない」という話をご紹介しました。 アメリカの大規模調査で、 うつ病患者の15・・・

8割の患者は抗うつ薬が効かない治療抵抗性

国内においてSSRIが発売されてから12年が経過し、うつ病の治療では7種類の抗うつ薬が使用可能となっています。・・・

京都大学は抗うつ薬の効果と副作用を評価

抗うつ薬の効果と副作用を京都大学が評価した

うつ病は国内でも最も罹患率の高い精神疾患で、 日本人の、 女性は12人に1人 男性は29人に1人 が生涯に1度・・・

うつ病の早期改善で最も効果がある抗うつ薬

早期治療で最も効果があった抗うつ薬をご存じですか?

  抗うつ薬にはたくさんの種類があります。 1960年代に開発された第一世代といわれる三環系抗うつ薬・・・

胃薬がうつ病の症状改善に効果がある|岡山理科大学

岡山理科大学はマウスで胃薬がうつ病の改善に効果があると発表

岡山理科大学は、 胃薬がうつ病の症状改善に効果がある との論文を発表しました。 これはまだマウスでの実験段階で・・・

抗うつ薬はアルツハイマーや認知症のリスクを高める

飲んでいる薬の副作用でうつ病になる

うつ病の治療では医師とのカウンセリングや生活指導などによってもうつ状態が改善しないときには抗うつ薬が処方されま・・・

抗うつ薬を飲んでも車の運転ができる

抗うつ薬の服用者も車の運転ができます

抗うつ薬を服用したら車の運転をすることは許されていませんでした。 トレドミン錠、サインバルタ、イフェクサーなど・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ